留学にかかる費用を計算してから渡航しよう

留学にかかる費用を計算してから渡航しよう 留学では、語学能力のアップが図れます。
その言語だけを使った生活を強いられるので、リスニング力やスピーキング力のアップが可能です。
留学に掛かる費用は、期間によって変わりますが、大きく分けて、授業料、渡航費、現地での生活費が掛かります。
生活費は、行先の国が日本と同じような物価の国やそれよりも高い物価の国の場合、日本での生活費から想像して計算することができます。
ゼロからのスタートとなるので、なるべく余裕をもって予算を持っていくのが安心です。
渡航時には、海外でも使えるクレジットカードや日本の銀行口座から現地の銀行口座へ送金できる方法を知っておくと良いです。
授業料は現地スクールによって異なります。
予算や授業内容から検討して絞り込みます。
中には留学生向けの寮が付いているスクールがあるので、現地に着いた時に住む場所を探す手間が省けて便利ですし、同じ寮に住んでいるという共通点から友達が作りやすくなります。

目的によって留学期間が決まる

目的によって留学期間が決まる

海外の学校や研究機関で学ぶ方法には、主に語学を学んだり大学間で生徒を交換する短期留学と、現地の学校に完全に所属する長期留学があります。
期間の目安は、短期が数週間から数カ月で、長期では一年以上が一般的です。
外国に滞在する期間は何を学ぶかによって変わってきます。
一般的に他言語を習得する際、初級から始めるとおよそ半年から九ヶ月ほどで上級レベルまで到達できます。
ですので、語学留学の場合は普通短期滞在となります。
長期滞在の場合は、大学の教授の下で専門分野を学ぶことが多く、海外の大学を卒業したり大学院を修了することを伴います。
また、現地の企業に就職できるのは語学が長けていて現地の文化をよく知っている長期滞在経験者が多く、自分の将来の目標を決めてから短期・長期のどちらにするか計画を立てると良いでしょう。
いずれにせよ、滞在が三ヶ月を超える場合は滞在許可証(ビザ)を申請しなければなりません。
また、現地の日本大使館あるいは最寄りの領事館への在留届の提出も推奨されています。

ページの上へ
Copyright © 2016 study abroad. All Rights Reserved.